税抜き15000円以上お買上げで送料無料
  1. TOP
  2. OAKLEY(オークリー)
  3. ICHIRO RADAR PATH( イチローレーダーパス )

イチロー シグネチャー レーダー
イチロー選手シグネイチャーモデルRadar2012年モデル登場!

ニューヨーク・ヤンキースへの電撃移籍をした、イチロー選手シグネチャーモデル 数量限定で今年も登場!!

1998年、イチロー選手が最初にかけたオークリーのアイウェアは、マイケル・ジョーダンとオークリー本社のデザイナーが創り出した"ROMEO(ロメオ)"というモデルでした。1999年からは、当時イチロー選手の顔の形に一番フィットした"JULIET(ジュリエット)"を愛用し、2005年には"ROMEO II(ロメオ2)"を着用し始めます。2006年に開催されたWBCからは再び"JULIET"に戻しましたが、イチロー選手は延べ11年間に渡ってオークリーの特許素材X-MetalR製のアイウェアを愛用してきました。

昨年のMLBオールスターゲームで初めてスポーツパフォーマンス・アイウェアである"RADAR(レーダー)"を着用したイチロー選手は、そのフィット感とスタイルを気に入り、2009年のWBCからは試合中の着用モデルを長年愛用してきた"JULIET"から"RADAR"に切り換えました。"RADAR"はOAKLEY CUSTOM EYEWEAR(オークリー・カスタムアイウェア)プログラム対応モデルであり、フレームカラー、レンズカラー、イヤーソック&ノーズパッドのカラーを自分で選んで好みの色合いでカスタムすることができます。このOCEプログラムをヒントに、イチロー選手と共にカラーを検討し、彼が着用するユニフォームのホームカラーとアウェイカラーを彩った2パターンのシグネチャーシリーズを発売することになりました。もちろんイチロー選手も今季はこの"ICHIRO SIGNATURE RADAR"で試合に登場しています。


6の商品がございます。